平成30年度 児童発達支援 自己評価表(公表用)
チェック項目 はい いいえ 工夫している点、課題や改善すべき点など
環境・体制整備 1 利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか 定められた基準を満たしています。
2 職員の配置数は適切であるか 基準以上に保育士を配置しています。
3 生活空間は、本人にわかりやすく構造化された環境になっているか。また、障がいの特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 施設内についてはバリアフリー化をしていますが、子ども専用のトイレを設置できていないため大人用のトイレを子どもが使いやすいように工夫しています。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 衛生面に気を配り、利用者に不快な印象を与えないように努めています。
業務改善 5 業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか 定期的にミーティングを行い、情報の共有化を行っています。
6 保護者等向け評価表により、保護者等に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげているか 定期的に保護者等から評価をいただき改善に努めています。
7 事業所向け自己評価表及び保護者向け評価表の結果を踏まえ、事業所として自己評価を行うとともに、その結果による支援の質の評価及び改善の内容を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか 保護者からの評価を職員で共有し改善に努めています。
8 第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか 第三者による外部評価を行っていません。必要に応じて評価をいただき、業務改善に努めていきます。
9 職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保しているか 療育の質を向上させるため、職員で研修を行っています。
適切な支援の提供 10 アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、児童発達支援計画を作成しているか 子どもの活動の様子を観察したりデンバー発達表などを用いたりし、保護者に発達段階を理解してもらいながら、支援計画を作成している。
11 子どもの適応行動の状況を把握するために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか 新版K式などの発達検査を利用している。
12 児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか すべての項目を支援計画に盛り込んでいますが、特に「発達支援」を主にして計画を作成しています。
13 児童発達支援計画に沿った支援が行われているか 個々の支援計画に沿って療育を行っています。
14 活動プログラムの立案をチームで行っているか 常に職員で相談しながら行っています。
15 活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか 常に子どもたちが意欲的に活動できるように考えてプログラムを組んでいます。
16 子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて児童発達支援計画を作成しているか 集団の活動が主であるが、活動の中で個々の発達課題を達成できるよう支援計画を作成している。
17 支援開始前には職員間で必ず打合せをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか 常に行っています。
18 支援終了後には、職員間で必ず打合せをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか 療育が終了後、個々の子どもの様子を出し合い、共有しています。
19 日々の支援に関して記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか その日の活動の様子を行っています。
20 定期的にモニタリングを行い、児童発達支援計画の見直しの必要性を判断しているか 半年に一度モニタリングを行い計画を作成しています。
関係機関や保護者との連携 21 障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか 子どもの状況をよく知る者が参画しています。
22 母子保健や子ども・子育て支援等の関係者や関係機関と連携した支援を行っているか 必要に応じて、情報交換をしながら支援を行っています。
23 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障がいのある子ども等を支援している場合)
地域の保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関と連携した支援を行っているか
今年度は医療的ケアが必要な子がいないが、医療的ケアが必要な子がいた場合は行っています。
24 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障がいのある子ども等を支援している場合)
子どもの主治医や協力医療機関等と連絡体制を整えているか
今年度は医療的ケアが必要な子がいないが、医療的ケアが必要なこがいた場合は行っています。
25 移行支援として、保育所や認定こども園、幼稚園、特別支援学校(幼稚部)等との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか 保育園やこども園、幼稚園を訪問したり、園の先生に来ていただいたりして情報を共有し支援をしています。
26 移行支援として、小学校や特別支援学校(小学部)との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか 小学校に就学する際、保護者からの希望により、子どもの就学先の小学校を訪問し、お子さんのより良い就学を支援しています。
27 他の児童発達支援センターや児童発達支援事業所、発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか 市の通所支援連絡協議会に参加し、研修を行っています。
28 保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障がいのない子どもと活動する機会があるか 週に1~2回の通所であり、園に在籍している子どもたちであるため、他の幼稚園や保育園等と交流は行っていません。
29 (自立支援)協議会子ども部会や地域の子ども・子育て会議等へ積極的に参加しているか 奈良市の協議会に参加しています。
30 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか 療育の終了後、全体でその日の活動について説明した後、個々にフィードバックを行っています。
31 保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)の支援を行っているか ペアレントトレーニングなど、特定の方法に偏ることなく、子育てや子どもの発達についての勉強会を行っています。
保護者への説明責任等 32 運営規程、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか 利用開始に合わせて行い、了解を得ています。
33 児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら支援内容の説明を行い、保護者から児童発達支援計画の同意を得ているか 児童発達支援計画は、保護者に支援内容を説明し、同意を得ています。
34 定期的に、保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか 定期的ではありませんが、随時、子育ての悩み等を聞き、助言と支援を行っています。
35 父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか 父母会や保護者会はありませんが2か月に1回保護者の勉強会を開催しています。また、保護者の待合に保護者同士がつながれるよう配慮をしています。
36 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、相談や申入れがあった場合に迅速かつ適切に対応しているか 保護者からの相談の申し入れがあった場合、すぐに対応を行っています。
37 定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか 行っています。
38 個人情報の取扱いに十分注意しているか 個人情報がある書類に関してはシュレッダー処分を行っています。また、ホームページ上でも個人が特定されることがないように配慮しています。
39 障がいのある子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮をしているか 必要に応じて、職員がわかりやすく説明するなどの配慮をしています。
40 事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか 事業所独自の行事は行っていませんが、日々の療育の様子をホームページに公開し、地域住民の方にも理解してもらえるように配慮しています。
非常時等の対応 41 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、職員や保護者に周知するとともに、発生を想定した訓練を実施しているか 各マニュアルを作成し、非常時に対応できるようにしています。
42 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか 建物全体の訓練に参加したり、火災発生に備え消火訓練などを行ったりしています。
43 事前に、服薬や予防接種、てんかん発作等のこどもの状況を確認しているか
44 食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか 医師の指示による対応までは行っていませんが、クッキングを行う場合、管理栄養士が保護者からの聞き取りを基に別メニューを用意しています。
45 ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか 行っています。
46 虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか 管理者が研修会に参加しその内容を職員におろしています。
47 どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、児童発達支援計画に記載しているか 身体拘束は行わない方針の基に療育をすすめています。
平成30年度 児童発達支援 保護者等からの事業所評価の集計結果(公表)
チェック項目














ご意見
環境・体制整備 1 子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 84.2% 12.3% 1.8% 1.8% ・人数が少し多いように思う。10人ぐらいで活動してほしい。
・子どもの人数が増えると狭いかも。
・子どもが10人マックスいるときは先生もいるし狭く感じる。
など
2 職員の配置数や専門性は適切であるか 86.0% 12.3% 0.0% 1.8% ・とてもたくさんで有難い。
・配置数は適当だと思います。言語が遅くて来出す子が多いのに対して言語に特化した職員がいないので専門性は少し適切ではないかなと思います。
など
3 生活空間は、本人にわかりやすく構造化された環境になっているか。また、障がいの特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 75.4% 17.5% 0.0% 7.0% ・構造上仕方がないとは思うが、活動中に人が出入りしたり、だだっ広い空間だとどうしても走り回ってしまうなど、落ち着かない環境なのではと思う。
・トイレが不便。いちいちスリッパをはかないといけないし子ども用のトイレがない。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 86.0% 14.0% 1.8% 0.0% ・トイレにお湯が出るとありがたい。
適切な支援の提供 5 子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、児童発達支援計画が作成されているか 94.7% 1.8% 0.0% 3.5%
6 児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか 77.2% 7.0% 0.0% 15.8%
7 児童発達支援計画に沿った支援が行われているか 86.0% 7.0% 0.0% 7.0%
8 活動プログラムが固定化しないよう工夫されているか 78.9% 15.8% 5.3% 0.0% ・外遊び、もしくは外出体験のようなものがない。
・先生方も工夫し努力されていると思う。
・プログラムに工夫があって、一つの作業動作だけでないところがためになる。
9 保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障がいのない子どもと活動する機会があるか 24.6% 21.1% 17.5% 36.8% ・交流保育は一度もないです。
・児発から交流がある機会はあまり感じたことはないが、本の読み聞かせなど、大人とのかかわりは感じる。
保護者への説明等 10 運営規定、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 87.7% 5.3% 1.8% 5.3% ・いつもとても丁寧に教えていただいています。
11 児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら支援内容の説明がなされたか 89.5% 3.5% 0.0% 7.0%
12 保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)が行われているか 57.9% 22.8% 3.5% 15.8% ・定期的に勉強会や交流会があって勉強になる。ペアトレや接し方のお話がまた聞けたら嬉しいです。
・勉強会などで話を聞く。今は先生の話を聞くことが多いが、ペアトレのように自分の子どもの困っていることとかをいろんな人と意見交換してできる場があるといいかもしれない。
13 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの健康や発達の状況、課題について共通理解ができているか 84.2% 12.3% 0.0% 3.5% ・これからの課題についても話し合いができていて、安心している。
14 定期的に、保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 80.7% 14.0% 3.5% 0.0% ・定期的ではないが、こちらから気軽に相談できるので良いと思う。
・もう少しあった方がよいと感じます。
・もう少し話せる機会があると嬉しい。
・子どもがすぐ帰ってしまうので具体的になかなかお話ができない。
15 父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 31.6% 31.6% 14.0% 22.8% ・勉強会がいろいろ目からうろこなことを教えてもらって面白いです。
・予定や欠席ですべては参加できませんでしたが、就学までの流れや子どもができることの内容など説明していただいて助かりました。
・もう少し親同士の子どもに対する悩みや相談などの情報交換をする機会があれば助かるなと思います。
・まだ入って間もないので、これから参加できたらと思います。
16 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制が整備されているとともに、子どもや保護者に周知・説明され、相談や申入れをした際に迅速かつ適切に対応されているか 82.5% 10.5% 1.8% 5.3% ・相談した内容についてすぐに丁寧に答えてもらえた。
・誰に相談すればよいか分からない。
17 子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮がなされているか 86.0% 12.3% 1.8% 0.0% ・ほぼ毎回、療育終了後に担当の先生から説明してもらえているが、他の担当のお子さんの説明をされていて、話が聞けないまま帰ることが多い。
18 定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 78.9% 7.0% 0.0% 14.0%
19 個人情報の取り扱いに十分注意されているか 87.7% 3.5% 0.0% 8.8%
非常時等の対応 20 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、保護者に周知・説明されているか。また、発生を想定した訓練が実施されているか。 75.4% 17.5% 7.0% 31.6% ・子どもたちにも訓練があるといいと思う。
・緊急時の対応は書面で確認しているが、他のマニュアルは説明されていない。
21 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練が行われているか 40.4% 17.5% 8.8% 29.8% ・地震があった時、ビルの横のベンチのところに避難することは聞いている。
満足度 22 子どもは通所を楽しみにしているか 82.5% 8.8% 3.5% 5.3% ・今日が祝日で休みですと言ったら泣くぐらい楽しみにしています。
・特に冬、外出が少なくなるので園と療育で体を動かしたり他のお友達とかかわることができてよかったです。
・家では甘えたり、自分の好きなことをすると私も切り替えられないようで、同じようには難しいです。ありがとうございます。
・毎週、とても楽しみにしています。もうすぐしおんでの療育が終わるのでとても寂しいです。ありがとうございました。
・とても楽しみにしています。
・通い始めてしばらくしたら、今日、しおんに行く日かどうか聞くようになった。
23 事業所の支援に満足しているか 91.2% 3.5% 3.5% 1.8% ・サーキットやクッキングがすごく楽しいようです。
・個別が予約しにくい。
・スタッフの誰にでも気軽に話しかけられる雰囲気ではありますが、具体的な相談を誰にしたらよいのか分かりません。
・幼稚園の先生よりも、時には親の私自身よりも子供に寄り添って明るく接してくださって、とても感謝しています。
・小学校に上がるにあたってのお話や知っておきたい情報を定期的に教えてもらえ満足しています。
など
保護者の意見・評価に対する改善事項
チェック項目 評価・ご意見を踏まえた対応
1 子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 国の基準以上の広さは確保していますが、振替のお子さんがいる場合は人数が少し多くなることがあります。多くなった場合は、2グループに分けて活動し、十分に体を動かしたりするこ とができるように工夫しています。
2 職員の配置数や専門性は適切であるか きめ細やかに療育ができるように一人の保育士が担当するお子さんの人数を少なくしています。児童発達管理責任者は、20年以上小学校ことばの教室で指導し、研修会の講師も務めています。保育士には言語聴覚士という国家資格はありませんが研修を重ねて、適切な指導ができるように努めています。さらにより良い療育ができるよう研修を行い専門性を高めていきたいと思います。
3 生活空間は、本人にわかりやすい構造化された環境になっているか。また、障害の特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 賃貸のビルの一部のため子ども用のトイレを設置することができません。ご不便をおかけしています。申し訳ございません。   療育中の人の出入りについてはできるだけ子どもたちの活動の妨げにならないように心がけてまいります。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 賃貸の建物の一部を借りて行っているため、トイレの洗面台をお湯が出るように改修することは難しいです。
6 児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか 「発達支援」が中心になりますが、「家族支援」「地域支援」も計画に盛り込んでいます。
7 児童発達支援計画に沿った支援が行われているか 支援計画を基にして、個々のニーズに応じた支援を行っています。
8 活動プログラムが固定化しないよう工夫されているか 当施設が駅から近い場所にあるため、交通は便利ですが外遊びをするための公園などがほとんどありません。療育の中で出来るだけ 体を動かすしたり季節を感じる事柄を取り入れるなりして工夫してまいります。
9 保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか 通所してくる子どもたちが地域の園に在籍し、週に1~2度程度の療育であるため他の園との交流を行っていません。
12 保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)が行われているか ペアレントトレーニングなど、特定の方法は用いてはいませんが、子育ての勉強会を行っています。
13 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの健康や発達の状況、課題について共通理解ができているか 療育の終了後、個々に保護者の方へお子さんの様子について伝えていますが、さらに丁寧に行っていきます。
14 定期的に、保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 定期的な面談は半年に1度のモニタリングの機会だけですが、必要に応じていつでも相談していただくことができます。担当の保育士または受付にお声掛けください。必要に応じて他の職員も相談などに応じております。
15 父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 父母の会や、保護者会を作ってはいませんが、保護者同士がつながることができるよう、勉強会を行ったり待合を保護者同士が談話できるようにしたりしています。
16 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制が整備されているとともに、子どもや保護者に周知・説明され、相談や申入れをした際に迅速かつ適切に対応されているか 基本的には担当の保育士や受付に申し入れをいただくと、いつでも相談に応じております。また、苦情につきましては、契約時にお示し した重要事項説明書に記載されているところに連絡をお願い致します。
18 定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか お便りを発行したり、ホームページは日々更新したりし活動の様子を伝えています。評価についても今後公表していきます。
20 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、保護者に周知・説明されているか。また、発生を想定した訓練が実施されているか 各マニュアルを作成していますが、周知できるように工夫していきます。
21 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練が行われているか 職員による避難訓練・消火訓練を行っています。また、療育の中で月に一度、発達段階に応じた避難訓練を行っています。